powerpoint

パワーポイントで入稿用データ制作


ふち無しテンプレートをご利用ください

パワーポイントの初期設定では、容量やスピードを優先しているため印刷品質を落としています。それを避けるために、当社のテンプレートをご利用ください。なお、当社のテンプレート以外で一旦保存されたファイルの画像データは劣化の恐れがあるので、必ず当社のテンプレートを使い白紙から制作ください。(画像データは、元画像を[挿入]から取り込んでください)

①パワーポイント用テンプレートをダウンロードしてデザイン

②レイアウトが完成、JEG形式で書き出します

③マイページから注文・当社へデータ入稿

制作完了

❶  パワーポイント用テンプレートでデザイン

ふち無しはがきPPTテンプレート縦 .potx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 18.4 KB
ふち無しはがきPPTテンプレート横 .potx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 18.4 KB

テンプレートの使い方

縦か横、どちらかのテンプレートをご利用ください。オレンジの点線はガイド線です。

(はがきの範囲を記したオレンジ色の破線が現れない場合は、メニュー > 表示> ガイドにチェックください。)

賀詞やお名前・ご住所など、切れてはいけないものは点線内に配置してください

テンプレートの白いボード部分にデザインしてください。

 

賀詞(賀正や謹賀新年などの文字)やお名前・ご住所、あいさつ文など、切れてはいけないものは、必ず点線の内側に配置して下さい。写真やイラストなど、はがきいっぱいに入れたいものは、点線の外側のテンプレートめいっぱいに入れてください。

点線から外側は実際にははがきには印刷されない部分になりますが、ふち無し印刷をするために必要な“塗り足し”になります。

 

お写真やイラストを使ったデザインで、顔などが見切れないようにしたい場合は、必要な部分が点線の中に入るようにお写真やイラストを配置して下さい。

テンプレートの白地部分にデザインしていだきますが、配置に気をつけないと見切れてしまいます。

切れたくない文字やイラストは、すべて点線内に余裕を持って配置して下さい。

※ ふち無し印刷本舗では、印刷のズレははがきのふちから1mm以内を保証しています。

写真やイラストの解像度の確認

挿入した画像が使えるものか(印刷に適した解像度があるかどうか)を判断する方法があります。

以下をご確認ください。

1.  挿入から画像をテンプレートに貼り込みます

2.  右クリックで[配置とサイズ]を選択します。

3.解像度に合わせてサイズを調整する]にチェック。
解像度を一番大きい[1280×1024]にする

1,2,3と操作することで、挿入した画像の最大サイズを確認することができます。

無理に大きくすると、画像はボヤケてしまいます。

❷ データができたら、『 PDF形式 』で書き出します

【JPEGファイル形式で書き出す】

ファイル ▶ エクスポート ▶ 「ファイルの種類の変更」を選択し、「JPEGファイルの交換形式」を選択して「名前を付けて保存」をクリック。ファイル名を入力して保存。

❸ 印刷見本をjpg、またはpng形式で書き出す

書き出したい見本画面をクリックしてから「Alt」ボタンを押しながら「PrtSc」ボタンを押すと指定した表示画面だけをコピーすることができます。

 

※見本画像をご準備いただくと、PDFデータで文字化けなどのトラブルがあった場合に確認ができます。


データ入稿

ご入稿いただいたデータは、印刷イメージを「校正データ」としてマイページからご確認いただけますのでご安心ください。

 

マイページに登録後、ご注文いただくと[ご入稿]のページが開きます。

データをご入稿ください。

※パワーポイント  jpg 形式で保存する際の画像の注意点

パワーポイントでjpg形式の画像を書き出す際のデフォルトは、98dpiで固定されています。(dpiとは、1インチ[25.45mm]の幅にどれだけドットがあるかという単位です)

 

当社で印刷機では、300dpiのドット密度を持った画像であれば、そのままの大きさで印刷することが可能です。そこで、98dpiのjpg画像が書き出しできるパワーポイントで300dpiの画像を書き出すために、テンプレートサイズを3.3倍(331.26×487.64mm)のサイズに拡大たものを当社のテンプレートとして用意しました。

 

このサイズでレイアウトしたデザインをjpg書き出し、印刷時に98dpi→300dpiに変換することで印刷の解像度を確保しています。